自然栽培って何?

 
自然栽培とは何か?
無農薬・無肥料の栽培方法です

自然栽培は、無農薬はもちろんのこと、肥料や堆肥すらも使用しない栽培方法です。

そんな方法で本当に作物が育つのか?という質問を多々いただきます。

家庭菜園なら、少しぐらい形が悪くても虫にくわれてても大丈夫なので可能かも知れないが、農業として成り立つのか?と。

 

LOVE CAPSULEがある場所は、兵庫県の淡路島です。淡路島には山が多く、ふと見上げると自然の木々や花が力強く育っています。

作物には、本来、病気に負けず、自ら必要な栄養分を摂る力があるのです。

 

できる限り田畑を自然の状態に近づけて、作物が本来持っている力を引き出せば、農薬や肥料を使わなくても元気な作物が採れるのです。人は、少し彼らのお手伝いをするだけ。

雑草が生い茂る柔らかい土に育まれ、本当の美味しさが詰め込まれた作物に育ちます。

 
他の農法とどう違うの?
作物が育つのを助けるだけ

作物が育つ力を信じて、それを手助けするだけ。

自然栽培は、そういう栽培方法です。

 

近年、健康への関心の高まりや環境面の問題などから、従来の農薬を使用した農法が見直されてきています。身近なところでは、有機農法などで栽培された有機野菜も見かけることが多くなってきました。

 

しかし、本当に農薬を使わないだけで安全なのだろうか。化学肥料が有機肥料に変わるだけで、子供たちにも安心して食べさせてあげられるのだろうか。自然本来が持つ作物の栄養バランスが崩れてしまわないだろうか。

そういう観点から、無肥料無農薬の自然栽培という栽培方法が実践されはじめました。

 

正直なところ、自然栽培で育てられた作物は、市場に出回っている現行の作物と比べ、小ぶりなものも多く、若干見劣りしてしまうことも事実です。それらの点で不利があることは否めません。

 

それでも、私たちの体、何より私たちの次の世代である子供たちの安全・安心のためには充分以上に取り組む価値がある栽培方法だと思っています。

 
肥料を与えずに育つの?
自然の力が天然の肥料です

日本は四季が豊かな国です。

地域によって気候の違いも多種多様で、自然は様々な顔を見せてくれます。

 

秋になり地面が枯れ葉で埋め尽くされ、その枯れ葉を微生物が分解して土にとけ込ませる。

地球という大きな農園が持つ自然のサイクルこそが、豊富な天然の肥料となってくれるのです。

自然のサイクルに合わせて運用される土は、バランスが整った自然環境に近くなっていきます。そこには作物が育つのに必要な栄養素を作り出す生態系が生まれてくるのです。

私たちは、環境が作物に有利になるように少しだけお手伝いをします。

 

微生物や昆虫たちが作る天然肥料のおかげで、病害虫に強く健康に育つサイクルが生まれるのです。

 

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
copyright (C) 2011 LOVE CAPSULE.